LINK

民事再生による整理は住宅ローンなども含む多重の債務に苦しんでいる人々に対して住んでいるマンションを維持しつつ金銭管理において立ち直るために法的機関による借金整理の処理方法として施行された解決方法です。ロスミンローヤル 評判

民事再生という制度には、破産みたいに免責不許可事由はないので投機などで借金をしたような場合も問題ないですし、破産宣告が理由で業務停止になるような業界で給与を得ているような場合でも制度の利用が行えます。過払金返還請求を弁護士に頼むために

破産手続きの場合は住んでいる家を残しておくわけにはいきませんし任意整理や特定調停などでも元金自体は支払っていく必要がありますので、住宅ローンも払いながら返済を続けるのは現実として困難だと考えられます。

ただし、民事再生という手順を選ぶことができれば、住宅のローン以外での負債についてはかなりのものを圧縮することもできますので、住宅のローンを返しつつ残った借金を返済し続けることが可能ということなのです。

といっても、民事再生という選択は任意整理や特定調停などとは異なりある部分だけの債務を除外して手続きを行うことは無理ですし、破産手続きにおけるように返済義務それ自体消えてしまうということでもありません。

くわえて、他の解決手順と比べて手続きの手順が複雑で手間が必要ですので、住宅のローンを組んでおり住居を手放すわけにはいかないような状況以外で、破産手続き等といったそれ以外の債務整理ができない場合だけの最後に考える処理と見ておいた方がいいでしょう。